東京都の精神保健センターのうつ病休職者の職場復帰支援を考えるフォーラムに参加して

先日、都立の精神保健センターが主催のうつ病休職者支援を考える会に
参加させて頂いてきました
とてもホットな話題で、尚且つ最新の情報を交換して参りました
 
日本の休職者は休職すると、休養と薬の服薬をすることがまだまだ主流です
しかしそれではうつ傾向が少し軽減しても職場環境や職場の人は何も変わりません
 
そこで今、厚生労働省が推進するプロジェクトとして
リワークプログラムがあります
休職者は休職すると復職前にリワーク(復職支援)を受けることによって
うつ病の休職者の再休職を防止する効果があるかを研究しています
 
さて、復職支援をご存知でない方に、簡単な説明を致します。
復職支援は一般的には行政、医療、民間があります
行政は原則的に無料で受けられますが予約待ちで
今では3~4か月という状況です
 
医療は、保険適応しますが、条件(休職中であることや、会社に通える体力があることなど…
医療現場によって異なります)があったりします。
民間は精神障害者手帳の取得などの条件があり
手帳の取得をためらう方多く存在する現状があります