「我が子をネット(ネットゲーム)依存にさせない為に今、親子で知っておくべきこと」

2019年10月26日、西東京市の保谷第一小学校で久里浜医療センターの三原先生を御招きし、小学校3年生以上の児童、保護者、地域の子ども支援の団体や、PTA、市議の方々を前に、1時間半の講演をして頂きました。

ネット・ゲーム依存は世界中でも深刻ですが、
日本の場合、1年で82000人がネット依存に陥っており
更に、中高生の8,1%がネット・ゲーム依存になっています。

この講演は弊社の社会貢献(CSR)の一環として企画しました。
その経緯は、ビジネスマンのストレスチェック後の御相談を受けている際に、家庭の事、特に子どもさんに関する御相談も増えてきました。
その相談の一つとして「子どもが、ネット、ゲーム依存になってしまうのではないか?」との親御さんとしての心配が多くなってきたことに起因します。

講演の内容は
①依存になるメカニズム
②なぜ、どのような行動が依存になってしまうのか?
③ネット・ゲーム依存になるとどんなことが起こっていくのか?
④ネット・ゲーム依存にならないようにする行動…

講演後の質疑応答では、大人よりも子どもからの質問が多く、
講師の先生もびっくりしておられました。


最後に先生は3つのポイントを教えてくださりました。

1:やらない時間を作る。例えば、食事中にはしないなど

2:最低でも年1回は家族でルールを見直し、必要であれば変える。
  ※例えば、受験が近づいてきたからルールを見直す。

3:あらかじめ具体的に決めて紙に書く。
  ※例えば、使用時間、使用場所など

by 公認心理師/臨床心理士 木村晃子

2019年11月8日
  • 昭和47年日本大学医学部卒業
    【専門分野】
    麻酔科、痛みの制御に関する基礎的・臨床的研究
    麻酔科医として勤務後、講師、助教授、教授と歴任し
    駿河台日本大学病院院長(平成23年10月まで)
    現在は日本大学総合科学研究所教授
    【その他経歴】
    日本ペインクリニック学会 代表理事
    日本慢性疼痛学会 理事長
    日本麻酔科学会 名誉会員
    日本疼痛学会 理事
    日本レーザー治療学会 理事
    日本臨床麻酔学会 理事
  • 順天堂大学医学部付属順天堂東京江東高齢者医療センター
    麻酔科学・ペインクリニック講座 教授
    【専門分野】
    ペインクリニック、癌性疼痛管理、術後疼痛管理、心臓血管系麻酔、脳神経麻酔、救急医学、ショックアナフィラキシーの病態機序、敗血症性ショック
  • 国立大学法人旭川医科大学医学部医学科卒
    ・精神保健指定医
    ・心療内科医
    ・精神科医
個人情報保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、個人情報の取扱いを適切に行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。


プライバシーマーク
登録番号 14700129


個人情報保護について
メンタルヘルス関連の特集