高ストレス者向けの窓口

弊社では、高ストレスと選定された方が、面接の申出を行う相談窓口の代行を行っています。

こちらの窓口には、面接指導を受けるかどうしようかという相談をしてくる方もいらっしゃいます。

最近では、「医師との面接指導を受けて、もし、心療内科、精神科に通院を勧められた場合、行くことに抵抗があります。どうしたらよいでしょうか?」という質問が少しずつですが増えてきています。

ストレスチェックの面接指導申出窓口の代行業務からは少しズレてしまいますが、弊社の臨床心理士等に相談した結果、例として次のように回答させて頂いています。

『精神科医にかかることは敷居が高いと感じることは仕方がないことです。ただ、10年、20年以上前に比べると、精神科や心療内科のクリニックも増えて、比較的軽い症状でも精神科や心療内科で受診して早めに治療を受けようと考えている方も増えてきています。
薬を服用するなどの治療により、症状が緩和され、日常生活への支障を軽減する事もできます。
お一人で行くことに抵抗があるのであれば、ご家族と一緒に行って頂くなど、気持ちの部分で楽になるように考えてみてはいかがでしょうか?』

一人でいろいろと考え悩んでいると、さらにストレスが増えてしまうこともあります。

まずは、ご家族であったり、信頼できる方に相談する事から始めることをお勧めしています。

2018年3月1日
  • 昭和47年日本大学医学部卒業
    【専門分野】
    麻酔科、痛みの制御に関する基礎的・臨床的研究
    麻酔科医として勤務後、講師、助教授、教授と歴任し
    駿河台日本大学病院院長(平成23年10月まで)
    現在は日本大学総合科学研究所教授
    【その他経歴】
    日本ペインクリニック学会 代表理事
    日本慢性疼痛学会 理事長
    日本麻酔科学会 名誉会員
    日本疼痛学会 理事
    日本レーザー治療学会 理事
    日本臨床麻酔学会 理事
  • 順天堂大学医学部付属順天堂東京江東高齢者医療センター
    麻酔科学・ペインクリニック講座 教授
    【専門分野】
    ペインクリニック、癌性疼痛管理、術後疼痛管理、心臓血管系麻酔、脳神経麻酔、救急医学、ショックアナフィラキシーの病態機序、敗血症性ショック
  • 国立大学法人旭川医科大学医学部医学科卒
    ・精神保健指定医
    ・心療内科医
    ・精神科医
個人情報保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、個人情報の取扱いを適切に行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。


プライバシーマーク
登録番号 14700129


個人情報保護について
メンタルヘルス関連の特集