ICT産学連携メンタルヘルスフォーラムに参加して

去る3月9日東京大学において第一回ICT産学連携メンタルヘルス・フォーラムに行ってきました。
以前にも同教授が企画したマインドフルネスについての講演を聞きにお邪魔したこともあり、今回のフォーラムの案内を受けた時には即座に申し込みしました。
事業者向けメンタルヘルスの専門会社としましてはとても興味深いICTとどのように連携していくのかという点とストレスチェック後の対策に活用が可能かなどが知りたく当日は参加しました。
当日の内容ですが
1.職場のメンタルヘルス対策は、本当に役立っているか
2.組織活性化とメンタルヘルスの融合に向けて
3.ICTメンタルヘルスの有効性
4.ICTポータルサイトを活用した人材育成とメンタルヘルスの融合
5.ICTメンタルヘルス最前線

さて私が印象的だったのは言葉は今国会では成立しなかった「働き方改革」は実は「働かせかた改革」ではないか?!(労働者のためではなく事業者のための改正)
また興味深かった内容は今企業が行っているメンタルヘルス対策はあまり役立っていないのではないか?!と職場のチームワーク育成ツールなどでした。

企業のメンタルヘルス対策が従業員の精神的健康度にはほとんど関連しない可能性があるという考察には多くの企業で導入されているEAPですが効果を感じられないとよく聞いていたので、「やはり」という思いがしました。しかしメンタルヘルス対策が労働者の安心感に繋がっているので従業員のメンタルヘルス改善と切り離し保険と考えれば一定の効果があるのでしょう。

チームワーク育成のためのツールですが、講演後実際にやらしてもらったのですが、ルールに沿って進めればそれぞれの自己開示がなされチーム内のコミュニケーションが改善され関係性が良くなるというとても面白い着眼点で作られていると感心しました。
研修で使われる「ジョハリの窓」や産業カウンセラーの学びで行われる自己開示パターンとよく似ているのでとても印象的でした。

メンタルヘルス対策といっても「これさえやれば大丈夫」という絶対的方策がなく、すでにメンタルヘルス対策を進める大企業は担当部署が模索しているのが実情のようですし、また中小企業は専門の人材を雇っていないので、福利厚生の枠を超えたものはなく、ほぼ無策な事業者も多いようです。ストレスチェックも3度目ともなるとそろそろ次の手を考えでいる事業者も増えているので、今後ともサポートするためにも専門性を磨きたいと感じたフォーラムでした。

2018年3月16日
  • 昭和47年日本大学医学部卒業
    【専門分野】
    麻酔科、痛みの制御に関する基礎的・臨床的研究
    麻酔科医として勤務後、講師、助教授、教授と歴任し
    駿河台日本大学病院院長(平成23年10月まで)
    現在は日本大学総合科学研究所教授
    【その他経歴】
    日本ペインクリニック学会 代表理事
    日本慢性疼痛学会 理事長
    日本麻酔科学会 名誉会員
    日本疼痛学会 理事
    日本レーザー治療学会 理事
    日本臨床麻酔学会 理事
  • 順天堂大学医学部付属順天堂東京江東高齢者医療センター
    麻酔科学・ペインクリニック講座 教授
    【専門分野】
    ペインクリニック、癌性疼痛管理、術後疼痛管理、心臓血管系麻酔、脳神経麻酔、救急医学、ショックアナフィラキシーの病態機序、敗血症性ショック
  • 国立大学法人旭川医科大学医学部医学科卒
    ・精神保健指定医
    ・心療内科医
    ・精神科医
個人情報保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、個人情報の取扱いを適切に行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。


プライバシーマーク
登録番号 14700129


個人情報保護について
メンタルヘルス関連の特集