ウェブカウンセリング

「時代の移り変わりによってカウンセリングの形態も変化の時代?」
週末に日本臨床心理会主催の勉強会に参加してきました。タイトルは「ウェブカウンセリング」概論と倫理 主にアメリカにおいての現状
講師:跡見学園女子大 宮崎先生

前半は理論や、倫理規定の紹介と後半は実際にメールカウンセリングを実践するときのポイントを学ぶワークでした。

参加者は色々な分野で御活躍される臨床心理士さんで、産業領域の方も数名いました。
大手のEAP所属の心理さんによると、今後メールカウンセリング展開していくためにシステムを開発中ということでした。

“ウェブカウンセリング”という理念や実際のウェブカウンセリングは1995年ごろから始まったようです。
実際は、その当時はカウンセリングを電話やインターネット上で行うという事は臨床心理業界ではありえないことと捉えられていました。

しかし今や、若者はコミュニケーションが苦手になりつつある状況と、電話さえも持たない若者もおり、今後はオンラインカウンセリングが重要な位置を占めていくかと思われています。
特に今後はSNSでのカウンセリングの需要も見込まれているようです。
その証拠として千葉と東京のある区での実験的なSNSを通してのカウンセリングでは、メールカウンセリングの時よりもSNSを通してのカウンセリンのアクセス数は6倍にも及んでいました。

対面カウンセリングとオンラインカウンセリングの長所として
オンラインカウンセリングでは、場所や時間を選ばない、低コスト、忙しい人に適している、情緒的に開放的など、短所としては実際のカウンセリングと比較するとやはり効果のほどが低い、セキュリティに関して100%の保証ができない、危機介入ができない、時間のズレが生じるなどです。
今後は弊社でもメールカウンセリングをスタートしていく予定です。

2019年3月25日
  • 昭和47年日本大学医学部卒業
    【専門分野】
    麻酔科、痛みの制御に関する基礎的・臨床的研究
    麻酔科医として勤務後、講師、助教授、教授と歴任し
    駿河台日本大学病院院長(平成23年10月まで)
    現在は日本大学総合科学研究所教授
    【その他経歴】
    日本ペインクリニック学会 代表理事
    日本慢性疼痛学会 理事長
    日本麻酔科学会 名誉会員
    日本疼痛学会 理事
    日本レーザー治療学会 理事
    日本臨床麻酔学会 理事
  • 順天堂大学医学部付属順天堂東京江東高齢者医療センター
    麻酔科学・ペインクリニック講座 教授
    【専門分野】
    ペインクリニック、癌性疼痛管理、術後疼痛管理、心臓血管系麻酔、脳神経麻酔、救急医学、ショックアナフィラキシーの病態機序、敗血症性ショック
  • 国立大学法人旭川医科大学医学部医学科卒
    ・精神保健指定医
    ・心療内科医
    ・精神科医
個人情報保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、個人情報の取扱いを適切に行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。


プライバシーマーク
登録番号 14700129


個人情報保護について
メンタルヘルス関連の特集